milmiのお部屋

無課金でスマホゲームをプレイしています 無課金目線で楽しめるような記事を記載しています
お仕事の事やたまにはお勉強や気になるアレコレも記載させて頂きますね

カテゴリ: 英会話


 

英語を話すためには勉強法が違うと何度もご紹介させて頂きましたが、今回は私自身がよく言われている事を例にして具体的にご紹介させて頂きます。

日本人と英語を上手に話すアメリカなどの人達との違いをご紹介していきますね。

 

 

日本人は世界的に見ても英語が下手

 

私自身アメリカでお仕事をする機会も多くその時に良く言われるのが日本人は英語があまり上手ではないよねと言われてしまいます。

確かに日本人は他の海外の人に比べて英語を話す時の恥ずかしさや読み書きをメーンとして勉強をしてきている人が多く話す事や聞き取ることが苦手な人が多いです。

先日も講義をおこなった時に開催している人から本当に日本人なの?と聞かれて何故?と聞いたところ髪型や話し方が日本人っぽくないと言われて

もっとよく聞くとその人が知っている日本人の多くはとぎれとぎれの英語で紙に書いてあることは流調に話せるのにいざ質問などになった時にはとっても簡単な事でも詰まってしまい単語でとぎれとぎれに答える人しか知らないと言われてしまいました。

また、話すのが苦手だから筆談でという人もいたらしくそのアメリカ人からしたら話す事は出来るけど読み書きが苦手で正しいスペルが書けてなかったかもなんて言っていました。

アメリカのツイッターやSNSを見たことがある人は分かるかと思いますが音が同じでより短い言葉をチョイスしてSNSに上げている人も多いですよね。

音が同じで文を読めば理解できれば正しいスペルでなくてもOKという考えを持っています。

日本では同じ音で読めたとしても違っていたらダメという考え方が基本ですよね。

 

日本語の漢字を思い浮かべて頂くと分かりやすいですよね。

例えば同じ音の言葉で異なる漢字って沢山ありますよね。

かい(回、会、階、海、界、廻、改、買、貝、解等々)

あう(遭う、会う、遇う、合う、逢う)

この漢字日本では正しい使い方ができていないと指摘されて違うよ間違ってます。

となってしまいますよね。

分からない時はひらがなで書くという方法をとるかと思いますが漢字よりもひらがなになる方が文字数が多くなってしまいますよね。

コレ日本特有と言っても良いかもしれません

同じアジア圏でも中国などではアメリカと同じで音が同じであれば異なる漢字を使ってもそのままOKとしています。

この事から日本よりも読み書きにはそこまで重要視をしていないという事が分かりますよね。
この為言葉は話せるけど実際に正しいスペルで書く事が苦手
場合によっては全くかけないという人もいます。

コレは様々な事情もありますが話せるから書けるというのは違うという事が理解できるかと思います。

という事で話す事とスペルを覚えているという事は異なりスペルを覚えていなくて書けなくても英語は話す事が出来るのを知って下さい。

 

 

英語を勉強しているようではダメ

 

私自身が身を持って知ったことなのですが、なぜ日本人は英語が下手な人がこうも多いのかなと思い他の国の人達との違いを考えていたら色々な違いに気が付きました。

そもそもの勉強法など色々あったのですがそもそもの考え方が重要なんだなと思いましたので今回はそのことをご紹介させて頂きます。

日本では英語を勉強していると言いますよね。

しかし、他の国の人に聞くと英語で勉強をしてきたんだよ。

と言います。

この違い分かりますか?

 

英語を勉強してきた

英語で勉強してきた

 

この違いが大きいのかと思います。

最近では英語を勉強するという方法ではなく英語で勉強をする

英語で授業を行う学校も増えてきてはいますよね。

しかし英語で勉強する事はそもそもの授業の意味が全く分からなくて苦痛でしかないという人もいるかもしれませんよね。

ある程度レベルでクラス分けして日本語を交えて授業をおこなうクラスと英語で授業をおこなうクラスとで分けているところもありますよね。

この様な状況になったことで英語の正しい発音に普段から触れる事が出来て日本語に翻訳して意味を考えることなく英語をそのまま英語として理解して英語を英語でという英語脳が出来上がりますよね。

このほんの少しの差なのかもしれませんが実際に話す事となりますととっても大きな差になります。

もし話すことが苦手だなという人はこの英語を勉強するという事では無くて英語で勉強するという考え方に変えてみて下さい。

英語を勉強するとなるとテキストなどを使って勉強するという事になるかと思いますが。

これまでご紹介させて頂きました好きな英語に沢山触れる方法が英語で勉強する方法になりますよね。

自分が好きな英語の音楽で勉強する方法や好きな英語の映画で番強するなどという方法ですね。

コレが好きな音楽や映画でなければ音楽で英語を勉強する、映画で英語を勉強するという事になってしまい勉強をさせられている、しなければいけないと脳内で思ってしまい苦手意識ややりたくないなとも思ってしまう事態にもなりかねないのです。

ほんの少しの違いなのですが英語を勉強するのではなく英語で勉強をする事を意識すると英語が早く話せるようになりますよ。

 

 

英語を勉強しないから覚えられる

 

英語はテキストや教材で勉強しない方が知識としていつまでも覚えていられる。

実際の私の経験からなのですが、学校で習った英語は実はそこまで多く覚えてはいないんですよね逆にお仕事で知った英語は今でもずっと覚えているんですよ。

打ち合わせで初めて知った言葉や電話でのやり取りで知った言葉など活きた英語で自分自身の経験の中で知った英語だからいつまでも覚えていて実際に使う事が出来るのです。

経験の中で出会う英語はその時の場面と一緒に覚えているのも大きいのかと思います。

英語と一緒に実際の場面やシチュエーションも同時に覚えられるのは良いですよね。

その為にも英語で勉強する事が大切だと私は思います。

 


 

英語を話したいと思っている人は学校で習っていた英語の暗記脳のままではなかなか難しいです。

英語をスムーズにカッコ良く話したい、自然と話せるようになりたいと思う人は英語脳にする事が重要です。

相手から英語で話されたらそのまま英語で理解して英語で答えられるようになりますのでスムーズな会話が可能になります。

脳内変換が少なくなる英語脳を作ってスムーズな英語が話せるようになりましょう。

 

 

英語脳の為にはテキストや辞書は必要ない

 

英語を普通に勉強して日本語の意味を知りたいと思う人は英語のテキストや辞書などを使って調べて覚えてという方法で良いのですが

これまででも何度も言っているかもですが、英語を話す勉強方法としてはあまり良い方法ではありません。



英語を聞いてその意味を知りたいと思うのは当然なのですが意味をわざわざ日本語に翻訳して知る必要が無いという事なのです。

え?日本語にしないと意味が分からないじゃん

そう思われる人もいるかもしれませんが日本語に翻訳しなくても意味は分かります。


例えば英語であるモノのことを言った場合その言葉を知らない人でも日本語に翻訳しなくても伝えることはできますよね。

その英語のモノを持って指さしてその英語を言うだけであ~それを英語ではそういうのね。

と納得してその英語の意味が理解できますよね。

これこそが英語を英語で理解するという事なのです。

日本で英語を勉強するときに多くの場合はそのものを直接英語で指さして言う方法では無くて日本語でコレという方法で翻訳して覚える暗記脳を作って覚えていますよね。

例え英語で直接モノを持っていったとしても一緒に日本語でも言って両方を覚えてしまいませんか?

この英語と日本語を両方同時に覚えてしまう方法が英語を話すためには良くないのです。

 

 

英語と一緒に日本語の意味を覚えない

 

英語を話すというだけ相手の質問に答えるだけ受け答えをするだけであればこの勉強方法でも良いかもしれませんが、スムーズな英語での会話は成り立たなくなります。

これは当たり前のことで英語をそのまま理解しなくて一度日本語に翻訳してから受け答えるという脳内変換が余分に行われる為リズムの良い英会話が出来ないのです。

話せないという事ではないのですがスムーズでカッコいい英会話ではなくなります。

私の経験上ではほとんどの場合は話せない人が多かったですね。

恥ずかしさや上手に話そうという思いが強くなってしまいいざ話すという場面では全く話せなくなってしまう人が殆どでした。

 

英語を暗記して覚えているという事と英語を話して使えるという事はイコールではないんですよね。

英語を覚えている=英語が話せる


ではないんですよね

 

中には話せる人お当然いますが話せる場合でも恥ずかしさなどからカタカナ英語に近い英語となりますので発音が正しくなくLRの発音やTDなどのストップ音を発音してしまうリズムが悪い英語となってしまうのです。

この翻訳グセを付けない為にもテキストや単語帳を使って英語と日本語を同時に覚えてはいけないのです。

 

英語を話すためには英語のままでその英語は一体何なの?と英語での意味をそのまま理解する方法が一番良いのです。

正しい発音や英語でのルールはフォニックスをお負えて頂ければ基礎は全て身につきます。

あとは英語耳を作って英語脳が出来上がれば英語はもう話せると言っても過言では無いですね。

 

 

翻訳するという考えを無くすことが重要

 

英語は英語で返す英語でそのまま受け答えるという意味が理解できるようになると本当に自分でも驚くほど英語がスラスラと出てきてスムーズな英語での会話が出来るようになります。

その為にも英語を話したい人は英語と一緒に日本語の意味を覚えないことですね。

英語そのままで英語の意味を覚えて下さい。

そうする事でその英語を忘れにくくなります。


英語と日本語と同時に覚えてしまいますとどちらか片方は思い出せるんだけどなんて記憶自体もなかなか曖昧になってしまい情報量が多くなり単純に日本語を覚えなければいけない分英語をそのまま覚えるよりも倍の情報を記憶して覚えなければいけない事になってしまいます。

当然英語を勉強するのが面倒になってしまい苦手やりたくないなと持ってしまいますよね。


コレは既に知っている事を覚えなければいけないから嫌な気持ちや面倒と思えてしまうのです。

英語だけで日本語の意味を覚え無い方法であれば英語だけで覚えますのでその多くは新しい知識として知らない事を知るという喜びが大きくなりもっと知りたいもっといろいろな事を覚えたいという欲求に変わります。

勉強をする、させられているという気持ちから自分から知りたいと思う欲求に変わるのです。

当然英語を覚えるのが楽しくなって英語をもっと聞きたい英語をもっと話したいもっと沢山のことを知りたいと思えるのです。

当然覚えるのも早く忘れない知識として脳に残っていきます。


英語が話せるようになるのは当然の結果ですよね。

だって自分から知りたいと思ってドンドン吸収していけるのですから。

この正しい勉強方法を知って身につける事が出来るのかできないのかでとっても大きな差になります。

是非英語を話したいと思っている人は実践してみて下さい。

とっても簡単な方法です。

英語は英語だけで覚えて日本語は一緒には覚えないコレだけで英語を話すための英語を身につけることができますよ。

 

 

単語帳はやめて生きた英語で勉強する

 

単語帳で英語を勉強する方法では暗記する事は出来てもその単語は長く覚えていられない英語になってしまう事が多いです。

コレは活きた英語ではないからなのです。

実際に使う場面で実際に聞いて勉強して知った英語であればいつまでも覚えてられる英語になりますが単語帳の場合は英単語とその裏に日本語の意味を書いてあるだけで実際に使ってみて覚える方法ではない為ただの暗記になってしまいます。

近々でテストをする場合には良いのですが実際に英語を話す時にその単語が都合よく出てくるかと言えば実際にはなかなか出てきません。

会話が終わった後にそうだったあの単語だ...と出てくる場合も多々ありますよね。

コレが生きた英語でないからなのです。

単語帳はそのまま文字を覚えるだけのモノですので実際に使用している場面で出てきた新しい英単語を覚えるより使い難い言葉になってしまいます。

単に知っているという知識でしかないのです。

という事でスムーズな会話ではとっさに使う事の出来る英語が必要になりますので考えて考えて答えを出すような覚え方ではスムーズな会話は当然できませんよね。


テストであれば英単語帳で覚えた単語をテスト時間をたくさん使って記憶の中から絞り出す事で良いのですが会話となるとそうはいきません。

スムーズな英語での会話をしたいのであれば単語帳などのテキストで英語を勉強するのは良くない事が分かるかと思います。

単語帳などのテキストで英語を勉強るのでは無くて好きな英語のモノで沢山の英語を知ることが重要ですね。

 


 

英会話は英語のペーパーテストとは違う勉強法が必要です。

英語を話すための正しい順番と方法を知ることで誰でも英語は話せるようになります。

まずは英語を好きになって楽しむことが重要ですね。

そうする事で多くの英語に触れて英語が自然と身についていきます。

 

 

英語を話すためには沢山の英語に触れる事

 

英語を話すためには学校で習った勉強法では中々英語を話す事は難しいです。

成績を上げる場合には学校で習う方法が良いのですが英語を話すとなると案外遠回りな方法になってしまいます。

もちろん学校で習う英語の勉強方法でも英語を話す事はできますがスムーズな英語での会話や楽しく早く英語を話したいと思っている人にはあまり向いていない方法になります。

 

ここまでのおさらいですがまずは

英語を話すための勉強方法は学校の方法とは違う事を知る事

アルファベットの名称には名前と発音方法の名称の2つがある事を知る事

スペルを見て正しい発音が出来るようになる事

英語耳を作る事

 

そして今回の英語に沢山触れることになりますね。

ここまでの勉強方法でも自分の好きなジャンルなどで英語に沢山触れてきているかと思いますが、ここまでの基本的な英語を話すための方法では英語を好きになる為の方法で自分が好きなジャンルや好きなことなど嫌にならないで英語を好きになる、知らない間に英語を身につける方法でしたが、ここからはもう少し踏み込んだ英語にも触れていく事が大切になります。

つまりは英語での会話のキャッチボールが出来るようになると良いですね。

 

 

英語同士での会話をする機会を作る

 

ここまでで英語の正しい発音と正しい英語を聞く耳がかなりできてきているかと思います。

本当に基本で基礎的な事にはなるのですがこの正しい発音で発声出来る事と正しい英語を聞き取ることのできる英語耳ができていないうちに会話をする為に英語同士で会話をしてしまう人も案外多いのです。

そうすると相手の言っている英語が分からなくてしどろもどろになってしまい英語が嫌い英語が苦手話しかけられたくないなんてことになってしまうのです。

逆にここまでの正しい発音と英語を聞くことの出来る耳が出来ている人は相手の英語をスムーズに聞く事が出来ますので相手の言っている事を理解しやすくなります。

更には自が発音する際にも正しい発音で発声できますので英語特有の発音で相手にもスムーズに伝える事が出来ます。

当然会話が成り立ちますので英語が話せている実感と充実感でさらに英語が好きになります。

しかも英語を聞く事の出来る耳が出来ている事で相手の言った英語の意味が分からない時でも相手や他の人にそれは何?と聞き返す事だって可能になります。

この事で新しく自分の知らない言葉を知る事が出来てさらに成長していく事が出来ます。

 

 

英語同士で会話する場合に気を付ける事

 

英語がスムーズに話せて会話できる人は良いのですがまだ慣れていない人は気を付けなければならないことがいくつかあります。

今回は英語同士での会話で気を付けなければいけない事もいくつかご紹介させて頂きますね。

 

 

日本での常識は実は非常識?

 

皆さんは常識や当たり前に思っている事って結構ありますよね。

色々あるかと思いますが例えば家族や家の中の常識ってありますよね。

この物はこの場所って決めることも常識ですが他の家ではその場所では無くて実はそんなところにという非常識な場所に置いているかもしれませんよね。

お仕事でも会社独自の隠語を使っているお仕事もありますよね。

分かりやすいので言うと番号で割り当てられて1番行ってきますなんて言う場合もありますよね。

この1番も職場によって休憩や外回り等々色々な隠語になっているかと思います。

自分の職場ではコレだからと言っても他のお仕事では全く違う場合ありますよね。

この様に自分が常識や当たり前に思っている事でも場所や様々な場合で常識や当たり前ではない事が多く存在しています。


日本と英語圏でも同様です。

例えば英語圏、今回はアメリカを例にさせて頂きますね。

アメリカの場合は移民の国と呼ばれているぐらい多種多様な人種の人が住んでいます。

この為考え方も様々で食文化までも大きく違っています。

日本の場合は多くの場合同じ考えや食文化を持っていますので基本的な考えとして遠慮の文化でワビサビを美徳としていますよね。

何かを貰う場合でもあげる方は「つまらないものですけど」とへりくだって受け取る方は「そんなお気遣いなさらず」と一度は断りますよね。

この後に23度繰り返してじゃあ折角お持ちいただいたのでと受け取りますよね。

コレが美徳とされています。

この場合最初に受け取ると遠慮ってものを知らないのかしらねぇなんて言われてしまう場合もある程です。

逆に断られてそのまま持って帰ってもう一度どうぞと言わない人にはあの人わざわざ持ってきたのに持って帰ったんだよ...なんて言われてしまう事もあるかもですね...


この様に遠慮して相手に察してという事を美徳として相手に対してハッキリ言わないで察してもらう、察して行動するというのが日本ですよね。

アメリカの場合ではそのような事をしていると相手の良いようにされてしまい損をしてしまう事も多く自己主張をして自分はこうしたいとハッキリ言いいます

コレを理解していないと英語での会話もスムーズには行えません。

相手からハッキリと言われてショックなんて思ってしまうかもしれません。

ハッキリ言うのが常識で普通ですのであなた自身もハッキリ主張して何がしたいのか自己主張をして下さいね。

この為英語の方が自分の意見をハッキリ言えて良いという人もいるほどです。

他には文化の違いで食文化などの違いや様々な違いがあることも理解しておくと良いですね。

当たり前と持っている事でも相手にとっては非常識になってしまいとんでもないトラブルになってしまう事もあります。

そうならないためにも相手の事を事前に理解して未然にトラブルを防ぐ事も良い方法です。

英語の勉強にもなりますし、知らない事を知る事はとっても楽しいことになります。

特に大人になってからは知っていることや予想のつくことが多い為はじめての事や知らないことが少なくなってきてしまっているかと思います。

英語を話そうと思って勉強しているのでしたらこの機会に英語に付随する多くの知らない事も一緒に知って勉強すると良いですね。

お仕事や日常での会話の話しのタネにもなりますしどこでその知識が役に立つのか分かりませんよ。

知らない事を知る事は脳の活性化にもつながります

ぜひ開ない事知りたいと思うことをドンドン吸収しながら英語を話せるようになって下さい。

 


 

英語を話したいと思っている人は英語を毎日聞くことがとっても重要です。

英語を毎日聞くことで英語を聞き取ることの出来る耳が出来ます。

英語を聞き取る事が出来ないと正しい発音で英語を話す事も出来ないのです。

 

 

英語耳って何?

 

英語耳とは英語を聞き取ることの出来る耳ですね。

例えば2重音声が可能なメディアで日本語と英語の両方を音声で出して聞いている時に日本語が大きく聞こえて英語が小さく聞こえる事無いですか?

同じ音量でも日本語だけを聞き取る事が出来る耳なのか英語だけを聞き取る事が出来る耳なのかそれとも日本語と英語の両方を聞き取る事が出来る耳なのかで聞き取れる音声の音量に差が生じてしまいます。

この為に日本語しか分からなくて英語を話せない、聞き取れないという人は日本語の音声が大きく聞こえて英語の音声は小さく聞こえることになってしまうのです。

また、映画などでも英語音声で字幕で日本語という場合でも英語を聞きなれていない耳ですと英語で話している言葉は頭にあまり入ってこなくて聞きなれた英語や単語のみが鮮明に聞こえるという状況になってしまいます。

英語で聞き取れる言葉や気になる言葉の多くは知っている単語や聞いたことある英語ではないでしょうか?

 

これが英語耳なのです。

聞きなれている英語の場合は鮮明に聞こえていますよね

英語を聞きなれて英語が鮮明に聞こえるようになる事が英語を話す事では重要な事だと分かるかと思います。

多くの英語に沢山触れることで聞きなれた英語や発音方法ニュアンス、アクセント等々が聞き取れるようになってきます。

この事で初めて聞く英語だとしても様々なバリエーションの英語を聞いてなれることで聞き取れるようになってきます。

 

 

英語が聞き取れるようになると発音が良くなる

 

英語耳になって英語が聞き取れるようになりますと英語を発音する場合にネイティブに近い正しい英語の発音が出来るようになります。

日本語耳になっている場合は日本語での発音カタカナ英語で発音をしようとしてしまいます。

この為英語の曖昧な発音や巻き舌の発音、破裂音等々の日本語ではあまり使わない発音方法が出来なくてカタカナで全て区切った発音になってしまうのです。

これでは相手にはなかなか伝わりません。

相手の英語も英語を日本語やカタカナにして脳で理解する構造になっているとスムーズな会話も出来なくなってしまいます。

また、英語を会話として英語で理解して英語で受け答えする事も非常に困難になります。

英語耳ができていないと英語を日本語に直して意味を理解して答えを出してその日本語を英語にまた変換して相手に伝えるという長いプロセスが必要になってしまいスムーズな会話には程遠くなってしまいます。

多くの人は学校の勉強の延長戦で勉強してしまうと思いますがその場合はこの英語→日本語→日本語→英語というプロセスになってしまいます。

この長いプロセスを英語耳になって英語をそのまま理解できるようになると英語→英語というスムーズなプロセスに変える事が出来ます

 

 

英語耳はどうしたら作れるの?

 

英語耳を作る方法は実はとっても簡単なのです。

英語を毎日聞くだけで良いのです。

最初は難しい英語は必要ありません。

英語のテキストやプラクティスなどの勉強するための英会話の必要もありません。

まずは楽しく英語に慣れ親しんで続けることが最重要になります。

この為、自分が好きな映画や音楽等何でも良いです。

英語の音声がある好きな物を毎日聞いて下さい。

たったこれだけで英語耳が出来てきます。

最初は聞き取れなかった英語でも何度も聞いているうちに先に自分が発生して言えるほどに英語を覚えてしまいます。

何度も聞いて映画であれば内容と共に英語の発音とその意味や使う場面や場所、シチュエーション等も一緒に学ぶことができます。

さらに覚えた英語は使いたくなってくるかと思います。

使わないにしてもこの場面だとあの映画のあの言葉をつかえる場面だよねなんて頭の中で英語を使う場面や英語に触れる機会が多くなっていることに自分でも気が付かない内に脳内変換が出来ているのです。

正しい発音で話す事や同じ英語を聞いてすぐにリピートして発声する方法でも良いのですがそれよりも先に正しく聞き取れる耳(英語耳)を作る方が何倍も効率的で但し発音が出来ます。

さらに自分の好きな英語から入れますので英語教材で同じ英語を繰り返し聞いて同じように発音してなどといった勉強ではなく楽しくはじめて長続きする方法でもありますので私的にはかなりお勧めです。

好きな音楽や映画なら何度見ても何度聞いても楽しく英語を覚えられるかと思います。

楽しく英語が好きになる方法が良いですよね。

 

 

好きな英語の音楽や映画が無い場合は?

 

映画や音楽で英語の音声の好きな物がないそんな人もいるかもしれません。

その場合は音楽で探すのは中々難しいかもしれませんが有名な聞きなれた音楽例えばCMで使われている音楽やテレビ番組で使われている音楽、映画で使われている音楽など英語の音楽は気がついていないだけで色々な場面で使われているかともいます。


その音楽の中からこの音楽好きかも?という音楽のタイトルなどを探して毎日聞いてみると良いかもしれませんね。

何かをしながら聞くだけでも十分です。

音楽の場合はこの何か他のことをしながら聞くことができますので毎日のリズムなどを崩さないで簡単に普段の生活に英語を取り入れることができます

例えば通勤の電車や車の中などで聞いても良いですよね。

家に帰ってから趣味をしながら聞く、お料理を作りながら聞く、お風呂に入りながら聞く等々いつでもどこでも取り入れることが可能ですのでおすすめです。

 

映画の場合でも好きな映画の英語音声版は無いかな?と探してみると良いかもしれませんね。

最近では英語の音声になっている映画は多くありますので自分が何度でも見ても良いかなと思える映画を見つけて英語音声を出来たら毎日見て頂くと良いのですが映画の場合はさすがに毎日ですと飽きてしまう場合や映画1本分の時間を作る事が出来ない場合もありますよね。

この場合はお休みの日などに必ず1回見ると決めて行うと良いですね。

先に予定を決めておくことで他の予定も立てやすくなりスケジュール管理も同時に出来てしまうようになります。

予定が決まっていないとダラダラと過ごしてしまうお休みでもこの時間に映画を見ると決めておくことでその時間までのスケジュール管理を自然とおこない映画の時間までに何をしようかな?と考えるようになりますのでおやすみが充実したおやすみになりますよ。


勉強と思ってやっていると苦痛になってしまいますが好きな物として英語に触れていく事で自分でも気が付かないうちに英語が聞き取れるようになってきます。

この英語がスムーズに聞き取れる英語耳が出来てしまえばあとはとっても簡単です。

英語をスムーズに話せるようになるまでは時間の問題ですね。

 

 

 


 

英語を話したいけど難しいんだろうなと思っている人多いかと思います。

しかし英語を話す事は英語を勉強してテストでいい成績を出す事に比べればとっても簡単なのです。

英語を話すための方法を知ることで英語は自分でも驚くほど簡単に話す事が出来るようになりますよ。

 

 

英語は誰でも話せるようになります

 

英語を話したいけど英語と聞くだけでもうすでに嫌悪感があって苦手勉強したくない、分からないよどうせ私にはできないなんて思ってしまっている人!大丈夫ですよ。

英語を話すための方法を順番に行っていくことで自分でも分からないぐらいいつの間にか英語は話せるようになっている事に気が付くかと思います。

その為にはまずは学校で習う英語と話すために知る英語とは全くの別物と考えることからはじめましょう。

 

学校の英語が苦手成績はあまり良くないそもそも英語が全く分からない。

そんな人でも大丈夫です。

英語を話すためには話すための方法があります。

例えば国語が苦手な人は日本語が話せないなんてことはありませんよね。

日本語が話せるなら国語は当然得意でしょ?なんて思いませんよね?

英語も同じなのです。

英語が話せるからと言って英語の成績が良いとは限らないのです


という事は英語が苦手な人でも英語に対して嫌悪感がある人でも英語がさっぱり分からないなんて人だとしても英語を話す事は出来てしまうのです。

この事をまずは理解して英語を話すための方法を知るきっかけを作って下さい。

英語が苦手でも英語で話したい!英語で会話をしたい!海外旅行で英語を聞いて話してなんて事が出来ると海外旅行自体も今以上に楽しめるのでは?仕事でどうしても英語が話せないとや仕事で英語は話せるようになると商談や取引相手の幅が広がって仕事でも収入が増えるかもなんて英語を話したいと思った理由は沢山あるかと思います。

その話したいな英語が話せると良いのになと思ったその気持ちがあればあとは英語を話すための方法を順番に行っていけばいつの間にか英語は話せるようになり相手の言っている英語も自分でも驚くほど鮮明に聞こえて理解する事が出来るようになります。

 

 

英語を話すための方法のおさらい

 

英語を話すためには学校の勉強方法ではなかなか話せるようにはならないですので、英語を話すために必要な勉強方法というよりも勉強と思わないで知りたい欲求を強くしていきましょう。

その為にはまずは学校の英語とは違うことを自分の脳に覚えさせるためにフォニックスを知って下さい。

フォニックスを知っている人であれば日本語で言う「あ、い、う、え、お・・・」と続くひらがなの英語バージョンのこの「A,B,C,D」と続いていくアルファベットを発音の音で言う事ができますよね。

学校で勉強した覚え方で覚えてしまっている人が殆どかと思います。

それではなかなか英語を正しい発音で読むことが出来ないのは当然と言えば当然なのです。

多くの人は「エー、ビー、シー、ディー…」と発音して読んでしまっていませんか?

実はこのアルファベットの発音(読み方)が英語を話すためには最も重要で基本的な基礎となるのです。

 

英語を話すために必要な発音でのアルファベットの名称を知っている人フォニックスを知っている人は「A,B,C,D…」このアルファベットを「アッ、ブッ、クゥ、ドゥ…」と発音して読むことができます。

この発音の名称とアルファベットの名前の名称が違う事を知ることが英語を話すためには最も重要で基本となるのです。

このフォニックスでの発音の名称が分かることで英語で書かれている看板や文字など日本にいても多くの英語に触れることができます。

その英語を正しい発音で読むことができるようになるのです。

小さい子供さんが覚えたてのひらがなで看板などの文字を読むのと同じ感覚ですね。

その言葉の意味は分からなくても読めるようになるのです。

読めるようになればその意味などはその後に興味のある言葉や発音の心地よさなどで誰に言われるでもなく自分で調べようと思えますよね。

その興味のある英語を使うためにはどの様な使い方があるのかな?どこかに同じ言葉があったりしないかな?など沢山の興味が湧いてくるかと思います。

この読めるようになる事が英語を話すためには最も重要なのが分かりますよね。

読めることによってその意味を知りたい、その言葉を使いたい、他の意味やニュアンスはあるのか?類似する言葉はあるのかな?等々知りたいと思う欲求が沢山膨らんできますよね。

もうそれは勉強では無くて単に自分が知りたいと思って調べるただの欲求に変わっているのです。

こうなる事で勉強とは思わずにドンドン英語を吸収していく事が出来ます。

楽しく知らない間に英語が話せるようになるんですよね。

この方法が私的にはおすすめの方法になります。

 

まずは学校で習った英語と話すための英語との違いを知ることがとっても重要な事が分かりますよね。

学校で習ったアルファベットと話すために必要なアルファベットでは同じアルファベットでも全く異なったアルファベットだという事を知ることで自分の脳に苦手な英語とは違うと認識させることができます。

知らない人からしたら発音のアルファベットを順番に「ア、ブッ」と言っていると何言ってるの()なんて思われるかもしれませんよね。

知っている人からしたら、「それフォニックスですよね?英語を勉強なさっているんですか?」なんて会話のきっかけになったりもします。


更にはフォニックスを知っている人から英語を話すためにとっても有益なアドバイスや勉強法など沢山のお話を聞けるかもしれません。

もしかしたら、親密な関係になって親友と呼べる存在になるかもしれませんし場合によっては生涯のパートナーになってしまう可能性もあるかもしれませんよね。

フォニックスを知らなければかかわる事の無かった出会いもうまれるのは素敵だと思いませんか?

 

まずは英語にはペーパーテストの勉強方法と英会話などの話すための勉強方法の別の勉強法があることを知って下さい。

日本語でも話すための方法と国語で良い成績を出すための勉強方法とでは違いがありますよね。

同じ事なのです。

例えば日本語では話すためには沢山の言葉に触れて日本語を発音するための音をたくさん聞いて自分でその音を真似して発声する。

その繰り返してその中からその発生した言葉の意味を理解していきますよね。

英語でも同じように話すためには沢山の英語の音を聞くことが重要です。

その英語の音を聞き取れるようになって真似をして自分で発声してみる。

その発声した英語の意味も同時に知る事が出来れば英語をドンドン吸収して発声する事が出来て英語がいつの間にか理解できて話せるようになってしまうのです。

英語が話せるようになると今までとは違った世界が広がりますよね。

その為にもまずは学校で勉強した英語と話すための英語との違いを理解して下さいね。

 

このページのトップヘ