milmiのお部屋

無課金でスマホゲームをプレイしています 無課金目線で楽しめるような記事を記載しています
お仕事の事やたまにはお勉強や気になるアレコレも記載させて頂きますね

カテゴリ: 勉強

英語を話す時どうしても恥ずかしくてカタカナ英語になってしまう人必見です。

英語を話したい人はカタカナ英語にならないようにネイティブな英語に沢山触れることがとっても効果的です。

さらにネイティブな英語に触れることで本場のニュアンスや発音など楽しく学ぶことができますよ。

カタカナ英語にならないためにもネイティブな英語に沢山聞きましょう。

 

 

日本人はカタカナ英語になりがち

 

英語を話すためにはただ英語を勉強するだけではダメですよね。

ここまでで学校でのペーパーテスト用の勉強と英会話での英語を話すための勉強との違いが分かっているかと思いますが、それでも日本人の場合はカタカナ英語になりがちなのです。

 

特に大人になればなるほどカタカナ英語になりがちなのです。

子供の時には聞いた英語をそのまま真似して巻き舌でドヤってネイティブな発音を真似していたと思います。

テレビや音楽で聞こえた英語をそのまま真似して話しているなんてこともありますよね。

ところが大人に近づくにつれてネイティブな発音では話さなくなってしまいます

巻き舌で曖昧な発音では無くてカタカナ英語ではっきりと区切って発音してしまうようになってしまうのです。

 

 

なぜカタカナ英語になってしまうのか

 

大人になると自尊心や周囲の目が気になってきます。

自分自身を良く見せようと思いファッションや様々なセンスを磨いて自分磨きをしていきますよね。

そんな中から、周囲からバカにされたくない、周囲から尊敬されたいスゴイと思われたいと思う気持ちも芽生えてきます。

この気持ちこそが聞いたままの英語では無くてカタカナにしてハッキリとした英語で発音してしまう要因となってしまうのです。

 

日本人からするとカタカナ英語の方がなじみが良く、例えばバナナなどはカタカナ英語ですよね。

バナ~ナなんて言いませんよね。バナナですよね。

同様にチョコレートやハローなどもカタカナ英語としてよく耳にするかと思います。

チョッコウレィトやヘロゥーなどと発音して言う人は少ないかと思います。

この事もあって本来の正しい発音で発声するのではなくカタカナにわざわざなおしてカタカナ英語として発音してしまうのです。

 

カタカナ英語にして発音する(言う)事で例えば間違えた時にそこまで恥ずかしくは無くなるのです。

逆に本来の聞こえたままの英語で、ネイティブの発音で発声してしまいますと間違えた時に、巻き舌でドヤって間違えてるじゃんダサイよねなんて周囲に思われてしまうのではと正しい発音で発声する事を躊躇してしまっているのです。

 

確かにカタカナ英語で間違えるよりは本来のネイティブの発音で間違える方が恥ずかしく思えるのかもしれませんが

少し考え方を変えてみて下さい。

本来のネイティブの発音をたくさん聞くことで自然とネイティブの発音が身につきます

この事でネイティブの発音を気張らずに自然と発音できるようになります。

そうする事で実際に間違えたとしても気張って、張り切って発声しているとは思われずにサラッと発音しているように思われますので、たとえ間違えたとしてもスゴイと周囲から思われるようになります

自然とサラッとスムーズに発声できることが前提ですけどね。

その為にはネイティブの発音をたくさん聞いて自然とその発音が出来るようにならないといけませんよね。

まずはネイティブの発音を聞くことからはじめて下さい。

英会話の基礎の勉強方法は先にご紹介させて頂いていますので今回は割愛させて頂きますね。

 

ネイティブの発音がサラッとスムーズに出来ることで周囲の人は間違いに気が付かないケースもありますよね。

特に単語では無くて長文の場合はそもそも何言っているのか聞き取れないってケースもあります。

それだけでスゴイってなりますよ。

間違い正解以前の問題ですね。

 

 

ネイティブの発音がスムーズなら大丈夫

 

カタカナ英語になりがちなのはネイティブな発音に違和感があるからに他なりません。

気張らないとネイティブな発音が出来ないという人はネイティブな発音本場の発音で英語を話すことが恥ずかしくなってしまい最初はネイティブで流暢な英語を話していたとしても途中から恥ずかしくなってしまいカタカナ英語になってしまいます。

 

そうならないためにも自然とネイティブの発音ができるようにまずはネイティブの英語の発音をたくさん聞いて英語耳を育てて下さい。

そうする事でネイティブのあの巻き舌で曖昧な発音でつなげてしまう音を省略してしまう本来のリズミカルな英語の発音を自然と身につけることができます。

ネイティブな発音をたくさん聞いてフォニックスで理解する事によってカタカナ英語の方に違和感を覚えるようになってくるかもしれませんね。

 

まずは沢山のいきた英語、現在使われている英語をたくさん聞いてネイティブのリズミカルで流暢な発音を聞き取れる英語耳を育てて下さい。

英語が正しく聞き取れるようになると自分でも驚くほどに正しい発音で派生する事が出来るようになっています。

 

楽しく自分の好きな英語からマスターしていきましょう。

難しい英語や自分が興味のないジャンルからの英語の勉強は苦痛になってしまい英語が嫌いになるいっぽうです。

英語は本来楽しく勉強できるものです。

自分の好きなジャンルから英語を知りたいという欲求に変えて自分から調べて知らな間に勉強をしている状態を作る事が最も重要ですね。

アニメでも映画でも音楽でも書籍や友人に遊び等々何でも良いのです。

世の中には英語が溢れています

少し外に出たら英語の看板や英語表記のお店の名前等々たくさんある事に気が付くかと思います。

英語を知りたいなと思わなければ素通りしてスルーしてしまう事でも、英語を知りたいと思って歩いているだけでもあの英語の意味って何だろう?あれってどうやって読むのかな?なんて考えるようになります。

知りたいと思う欲求が出来るんですよね。

その欲求を満たすために調べて知ろうとする事。

それこそが勉強なのです。

自分が知りたいから調べる

勉強で知らないといけないから調べる誰かに調べなさいと言われて調べるなどの勉強とは似ているようでとっても大きな違いとなります。


ゲームやアプリで出てきた英語を知りたいから調べるなんて事も良いですよね。

出てきた英語が分かるとお得にゲームやアプリを進められるかもしれません。

目的と方法が今までの学校での勉強とは違うんですよね。

テストの為、良い成績の為に勉強をするのでは無くて自分自身の利益や欲求の為に調べる。

知ろうと思えることが勉強になっているのです。

勉強と思わない勉強方法が身につくと英会話だけでなく他の勉強もスムーズに楽しくいつの間にか身についている状況を作ることができますよ。

 

勉強を勉強と思わずに楽しくおこなう事が最も重要ですね。

その為には英語メーンで話している人の英語の発音を聞くことが良い方法です。

自分の趣味嗜好に合った英語でOKなのです。

英語の教材なんて必要ありません。

まずは英語を楽しく学ぶことが大切です。

英語を正しく発音できるようになって更に高みへとのぼりつめたいと思える欲求が出来た時に英語教材に目を向けて下さい。

 

今持っている英語教材もまずはしまって英語を楽しく聞き取れる方法を実践して下さい。

その後で英語教材を見て下さい。

今までとは違う景色が広がっているはずです。

苦手で嫌だった英語教材での勉強が分かるようになって楽しくなってもっとやりたいと思えるようになりますよ。

 

英会話は勉強の順番が大切ですまずは楽しむ事からはじめて見ましょう。

 


英語が話せない人でも英語の成績が良くて英語を書く事が出来る人は多いですよね。

成績が良い人は書いてある英語を読むことや英語を書くことが出来きるのに話す事が出来ないのには明確な理由があるのです。

英語と日本語とのこの違いが分かれば英語を話す事が簡単になりますよ。

 

 

英語は書くことは簡単

 

英語は読み書き特に書くことに関してはとっても簡単なのです。

英語は「アルファベットA~Z」の組み合わせのみで形成されていますよね。

という事は使う文字数の種類は少ないのです。

書く場合に覚える文字数が少ないですので書くことに関しては英語はとっても簡単なのです。

 

英語とは違い日本語の場合は書くことに関してはとっても難しいのです。

日本語の場合、書くことに関して覚える文字の種類は「あ~んのひらがな」の他にカタカナ、漢字と覚えなければいけない文字の種類が非常に多いのです。

この為日本語を書くという事に関しては英語よりも倍以上覚える種類がる為とっても難しいのです。

 

この違いが書く事に関しての英語と日本語との大きな違いになります。

他にも文章の順番等他にも覚えなければいけない事は沢山ありますが書くという事に関しての英語と日本語との一番大きな違いはこの覚える文字の種類の差になります。

この事が分かると話すという事の違いも理解できて英語を勉強するという行為と話すための英会話として覚える方法の違いが分かり英語を話すことが簡単で楽しくできるようになりますよ。

 

 

話すための英語と日本語の違い

 

書くことに関しての日本語と英語の違いは覚える文字の種類の数から英語の方が簡単という事が分かったかと思います。

では、日本語と英語の話す際の違いはどうでしょうか?

書く事と真逆になってしまうのです。

日本語の話す場合に覚える事は日本語の音としての発音の基本「あ~ん」の音になります。

他にも濁点や小さい文字と一緒になった「にゃ、にょ」等がありますが基本的には「あ~ん」の発音の音を覚えるだけで日本語は話すことができますよね。

 

英語はどうでしょうか?

英語の場合はアルファベットのA~Z」の発音「ア、ブッ、クゥッ」という発音を覚えることになりますよね。

基本的にはこのフォニックスの発音を覚えて頂くことで良いのですが

同じ文字で発音と名称の2種類がある事が英語を話すという事を難しくしているのです。

 

日本語の場合は「あ」の名称と発音は両方とも同じ「あ」なのですが英語の場合は発音と名称が同じ文字で異なってしまうのです。

英語では「A」の名称は日本でも授業で習います「エー」となりますが、発音の音としては「エー」では無くて「アッ」になるのです。

この事が英語を話すという事を難しくしているのです。

日本での英語の授業ではアルファベットの名称の方を主に習い発音の音はそこまで重要視しないでさらっと流してしまいます。

教科書にはフォニックスとして英語の発音の音も記載はあるのですが一度に両方を覚えようとすると英語の授業が今よりも難しくなってしまいますので読み書きに必要となるアルファベットの名称のみを勉強します。

この英語の勉強で覚えたアルファベットの名称とローマ字の読み等が邪魔をしてしまい正しい発音の音を発声し難くなってしまうのです。

正しい発音に必要なのはフォニックスの音の発音になります。

 

もっと簡単に考えますと、アルファベットの名称やローマ字の事は考えないで英語を話すためには今までの英語の勉強とは別と考えて新しく話すための英語を勉強する。

英語を勉強では無くてフォニックスを勉強するという事が英語を話す勉強と考えて新しく違うものを勉強する知るという考え方が出来るようになると、とっても簡単で楽しく英語が話せるようになります。

 

 

英会話にはアルファベットの名称は必要ない

 

英会話としての勉強、英語を日常会話のように話したい人は中学校等で勉強をしたアルファベットの名称である「エー、ビー、シー...」は必要ありません

むしろこのアルファベットの名称が英語を話す事を邪魔してしまいます。

英会話では名称ではなく音の発音。

フォニックスを新しく勉強していく方法が簡単で上達も早いです。

今までの「エー、ビー、シー、ディー...」から「ア、ブッ、クゥ、ドゥッ」という発音を勉強しましょう。

アルファベットの名称から発音に考え方を切り替えることによって英語で書かれているスペルを見ただけで正しい発音で読むことができるようになります。

読めるという事は更に新しい単語や英文を読みたいという衝動が湧きたちます。

という事は自分からさらに読みたいという欲求になりますのでその欲求を満たすために英会話を自然と勉強してしまうのです。

 

この様に勉強をしているとは思わないでただ自分の欲求に身を任せるだけで英語を話す事が出来るようになるのが英会話なのです。

この勉強方法が分かってくると楽しく簡単にもっと英語を話したい、英語の看板や英語の雑誌などの洋書を読みたい、英語の映画を字幕なしで鑑賞したいなどという欲求と楽しみが増えて毎日が充実してきますよ。

 

英語を話さなければいけないという状況になってから勉強をするとなると焦ってしまい楽しく勉強できる英会話が嫌になってしまい英語が嫌い映画が苦手という状況になってしまいます。

絶対に勿体ないです。

英語が好きになってさらに楽しく話せるようになるとプライベートでは旅行や海外の人との会話に英語の映画、英語で書かれている雑誌やその他にも本当に沢山の可能性が広がっていることが分かるかと思います。

 

仕事でも英語が好きになって話せるようになる事で海外との商談ややり取りに加えて様々な分野で活躍する事が出来るようになりますよね。

日本語ではチョットと思う事でも英語を知っている事で英語に変えて名前を付けて雰囲気を一掃する事だってできてしまいますよね。

逆に英語で書かれている事を日本語で説明する事も出来ます。

英語でしか伝わらない微妙なニュアンス日本語でしか伝えることの出来ないニュアンスも両方こなせるようになる事で使い分けをする事もできますよね。

 

英語を好きになって楽しく話せるようになる事でプライベートも仕事も人生そのものが豊かになると言っても過言ではありません、

その為には英語の勉強方法と英会話の勉強方法の違いと特徴を理解して楽しく学んでいく事が最も大切だと私は思っています。

英語を好きになる事で自分しか学ばない英語、自分しか調べないだろうなというような英語も楽しく勉強で来ちゃいますよね。

コレってそういう風に言うんだ~なんてね。

楽しく学ぶ。

コレが一番ですね。

 

 

 

英語を話す勉強には単語帳や英語教材は必要ありません!

 

英語を話したいと思う人は英語を勉強してはいけません。

勉強をする時によく使う単語帳や教材は使わない方法が最適なのです。

英語を話すための勉強方法の中ではかなりおすすめです。

自分でも気が付かないうちに話せるようになる方法です。

勉強しなくて話せるようになるなんて素敵だと思いますよね。

英語を勉強しようと思うと多くの人は学校で習った勉強法をしてしまうかと思います。

英語の単語を覚えるためのテキストや単語帳に英語の勉強教材等々で英語を覚えて勉強をしようとしますよね。

この方法は読む事や英語を日本語に翻訳する事は出来るようになりますが英語同士でのスムーズな会話で英語を話す事はなかなか出来ないです。

知識はとっても増えて英語を理解する事はできますが話す事となりますと英語教材を使う方法は逆に難しくなる英語の勉強方法になります。

英語脳を作ることが一番の近道ですね。

 

 

正しい方法を知ることがとっても大切

 

スムーズな会話ができるようになる為に必要な方法は学校では教えてくれません。

日本の学校では皆さんもご存知の教科書などの教材やテキストで勉強をして自分でも単語帳を作ってペラペラめくって英語の単語の裏に日本語の意味を書いて覚える暗記法をおこなうと思います。

この方法は英語を話すためには向いていない方法になります。

英語を話すために必要な事を知る勉強方法としてはとっても遠回りで話すのにはかえって邪魔になってしまうと言っても過言ではありません。

英語を話す為の勉強方法としてはNGな方法になってしまいます。

なぜ遠回りなの?と思われる人がいるかもしれませんが、私的な一番の理由は勉強をしていると思う方法は長続きをしないので良く無い方法というのがあります。

他にも話すためには話すための方法が重要で学校の勉強では余分な知識が増えすぎてしまいスムーズな会話が出来なくなってしまうというのがあります。

 

日本での英語は中学校で本格的にはじまっていきますよね。

この時に勉強する方法はペーパーテストで読み書きをする為におこなう勉強法になります。

学校での勉強はペーパーテストの為の勉強で英語の事をどれだけ知る事が出来るのかという勉強になります。

話すためのではないんですよね。

一体どういうこと?と思ってしまう人は日本語の場合はどうだろう?と考えてみて下さい。

 

 

日本語と同じに考えると分かりやすい

 

英語の話すための勉強方法と暗記するテストの為の読み書きメーンの勉強法の違いは日本語に置き換えると赤ちゃんから日本語が話せるようになるまでのことを思い浮かべて頂くと分かりやすいです。

学校で習う国語の勉強と比べてみて下さい。

赤ちゃんから日本語を話せるようになるまでの勉強方法と同じなのかな?ちがいがあるのかな?と考えてみて下さい。

日本語を話すためにどんな勉強をしましたか?

日本語を話すために何か勉強をしましたか?していませんよね。

ただ周りの真似をして楽しんでいただけですよね。


日本語を話すために勉強をしていない人が殆どではないでしょうか?

赤ちゃんでまだ日本語が話せない時に周りから沢山の日本語を聞いて意味が分からないけど同じ音を真似する

同じ音を真似して褒められてその発声した音はどういう時に使うのか何を指し示しているのか発声しながら覚えて日本語が話せるようになっていますよね。

ひらがなを覚える時でも書いてある言葉の意味は分からなくても正しい発音で発声して読めることが楽しいと思って書いてある言葉自分が読める言葉を見つけては発声するという事を繰り返して覚えていきますよね。

小さい子供が大きな声で自分が分かるところだけを発声しているあの可愛らしい光景ですよね。

大人の人で今現在でも日本語で新しい言葉を覚える時その言葉は何?と実際のモノや行動、所作や場面などから使えるようになりますよね。

方言などでも新しくはじめて聞く言葉は多いかと思います。

この方言を理解するのに他の言葉やジェスチャーや色々な事を駆使して理解しますよね。

そうして理解した時に自分のものにしようとしてその場面になるように誘導して新しく覚えた言葉を使おうとしませんか?

そうして他の人に何それ?どういう意味なの?なんて聞かれて得意げに話したりもしますよね。

この方法が話すための勉強方法として最適で一番早い方法になのです。

現場で生きた言葉を聞いて真似して実際に使ってその現場で経験して覚える方法が一番覚えやすくて忘れない方法で良いんですよね。

 

という事は学校の国語で習う勉強法は日本語を話すための勉強ではないというより話すためには勉強をする必要がない事が分かりますよね。

好きになって楽しんで触れている、話したいと思う言葉に耳を傾けて真似をしているだけで話せるようになります。

話す言葉を勉強するというよりは知識を深めるために書いてあることを知る方法。

たくさんの単語や文法を理解する勉強となります。

実際に話せるようになる勉強では無くて沢山の熟語や文章に古い言葉等を学んで知識を深める勉強方法になります。

 

英語も同様で学校で習う英語の勉強は知識を増やす勉強方法になります。

ペーパーテストをする人にとってはとっても良い勉強方法ですが、話すためには向いていません。

学校での勉強する場合は書いてある英語を読んで正しいスペルを学んで理解してその英語の日本語での意味も一緒に理解するという勉強方法ですよね。

英語を勉強するというのは英語を理解するために一度日本語に英語を翻訳して勉強をします。

英語を勉強すると言っても日本では英語を勉強しているのでは無くて日本語で覚える勉強ですね。

こう考えるとどのような方法が良いのか分かってくるかと思います。

日本では日本語で理解する...その為に英語のスペルや文法などを理解して覚える暗記法の勉強方法です。

この翻訳や文法の理解などで書いてある言葉を日本語で理解する事が出来ます。

日本語での意味を知る事が出来るようになりますね。

英語を勉強しているようですが実は日本語で勉強しているのです。

英語を日本語で説明する事が出来るようになります。

もちろん日本語を英語にして書く事も出来るようになりますよね。

しかし英語を勉強しているつもりが日本語で勉強していますので英語を話す、英語で話すとなると難しくなります。

日本語で勉強していますので日本語での意味などはすぐに出てくるのですがその意味の元となっている英語がとっさに出てこないのです。

日本語で英語を勉強している間は英語で話すことが難しくなってしまうのです。

英語の成績は良いのに英語で話すのが苦手英語がとっさに出てこなくて難しい人いますよね。

コレは当然なのです。

話す勉強方法では無いですので話す事は苦手になります。

話す事は勉強していませんので当然ですね。

リスニングはありますので聞き取る事はできますが話す事は難しいのです。

例え話せたとしてもスムーズな会話では無くなってしまいます。

相手から英語で言われてそのまま受け答えはできません。

余分な脳内処理として英語を一度脳内で日本語に変換して言われた英語の意味を知ってそこから日本語で答えを出してという余分な脳内変換がおこなわれています。

そこからまた日本語で出した答えを英語に変換して相手に伝えるという脳内変換がおこなわれる為ポンポンとスムーズな英語での会話が出来なくて一問一答などと言った単発での会話になってしまう場合が多くなります。

英語の質問には答えられますので英語で相手と話すことができないというわけでは無ですし、受け答えが全然できないという訳では無いですので良いのかもしれませんが英会話としての会話は成立していないのかもしれませんよね。

 

英語はリズムや正しい発音がとっても重要です。

英語を話すためは正しい発音で聞き取れる英語耳が必要になります。

英語耳を身につけて英語を発声して話すために必要な正しい発音方法も身につけて下さい。

英語で話す場合には聞いた英語をそのまま英語で返せる英語脳を作ることも重要になります。

 

その為には学校での勉強方法と同じ方法ではいけませんね。

暗記脳になてしまい文字の羅列でしか覚えられませんので英語脳はなかなか作ることができません。

という事で文字を覚える英語の教材であるテキストや単語帳などは使わないで下さい。

他の方法で英語脳を作っていく事がとっても大切なんですよね。


私自身も英語が話せるようになるのに最初は英語が苦手という意識があり躊躇していましたがあるきっかけから外国人の人と多くかかわることになり英語がほとんどできない私でも英語を好きになる事でいつの間にか英語は一般的な会話が普通に出来るようになりました。

でも学校での英語の成績はそこまで良く無くて勉強は得意ではなくどちらかというと苦手でしたので、私は英語が話せるようにはなっていますが正しいスペルで英語を書くことは少し苦労します。

特に長い英語の文章を読んだり書いたりするのは少し苦手ではありますけどね

これには学校での英語勉強が英語教材を使って知識を深めることが必要そうです。

私もまだまだ勉強して覚えることがいっぱいです。

新しく知る事がまだまだ沢山あるって事はそれだけ楽しみがあるのでまだまだ楽しめそうです。

 

自分にとってはどちらの勉強方法があっているのか、今の自分にはどちらが必要なのか見極めて下さい。

自分に合った英語に触れていくと話すための英語にはとっても効率的で良いですよね。

読み書きや翻訳日本語での意味を知りたいと思う人はテキストや単語帳などを使って勉強する方法が良いです。

英語を話したいと思う人は勉強をしない方法が最適です。

勉強と思って英語に触れてしまいますと必ずイヤになって嫌いになってしまう時期が来てしまいます。

そうでは無くて好きな英語に触れていつの間にか聞く事が出来る、理解する事が出来るようになり話せるようになります。

英語の教材は使わないで学校英語との違いを知って正しい発音をフォニックス等を知って英語の発音ルールを学んで同時に英語耳を育てていく。

英語を勉強してきて身についた暗記脳から英語脳に切り替えて英語脳を作っていく方法がおすすめです。

英語脳が出来上がると自分でも気が付かないうちに英語を話すために効率的で必要な勉強を勉強と思わずにしているようになります。

勉強と思わないですので自然とやってしまいますので英語が好きになっていきます。

英語をもっと知りたいもっと聞きたい発声したいと思えるようになってドンドン上手に話せるようになりますよ。

 


 

フォニックスを勉強していくと基本のアルファベットの発音方法をまずは知りますよね。

その後に英語の基本的なルールがいくつか出てきてえっ!?どういうこと?と戸惑ってしまうかもしれませんよね。

今回はそんな英語の基本的なルールの中から破裂音の語尾省略のルールについてご消化していきますね。

基本的には最初はフォニックスのアルファベットを覚えて頂くだけでOKですのでその後になんでこうなるの?と思った時に知っても遅くないルールです。

 

 

破裂音の語尾を省略するルール

 

フォニックスの発音の破裂音としてP(ピー)のプッという音とK(ケー)のクッという音にT(ティー)のトゥッというこの三種類をフォニックスの発音で発音をしないで破裂させずに止めて発音するというルールになります。

 

もっと簡単なルールとしてストップT(ストップティー)というルールがありますのでまずはそちらを少しだけご紹介しますね。

 

 

簡単なルールのストップT

 

英語の基本的なルールとしてTが最後(語尾)に来る場合にはTのフォニックスでの発音を省略してストップして発音するというルールになります。

例えばGET(ゲット)という単語がありますよね。

この単語の場合日本語でカタカナで書くとゲットになりますが正しい発音では「ゲッ」という感じで発音します。

コレがストップTになります。

Tの発音の「トゥッ」を発音すると「ゲットゥッ」となりますがこの最後になるTは発音しないでとめますので「ゲッ」とという発音になります。

このストップさせて止めることで英語でのスムーズなリズムが作られます。

 

ストップTではフォニックスで言う発音で同じ下の動きになるD(ディー)も同様なルールでとめることになります。

こちらも単語として簡単な英単語を例にしてご紹介しますね。

例えばGOOD(グッド)という英単語の場合、最後(語尾)に破裂音で発音するDがきていますよね。

この場合はTと同様にDの発音はしません。

フォニックスの発音のまま発音してしまいますとGOOD(グゥードゥッ)となりますが、英語のリズムをスムーズにするために会話での発音の場合はDの発音はしないでGOOD(グッ)という発音となります。

単語だけで言う場合はあえてゆっくり伸ばす場合もありますがその場合でもGOOD(グッ~~~~)という感じで最後の破裂音になるDは発音しません。

基本的なルールとしてTDが最後(語尾)に来る場合にはとめる、ストップさせて切ってしまうという事を覚えて下さい。

自分が発音して話す場合このTDを発音したとしても相手には伝わるとは思いますが、英語をスムーズに話す人の場合はTDの音は発音しないでストップさせて止めて発音しますので自分自身でもストップさせた音を発生してストップさせる音を覚えると良いです。


そうしないと相手の発生した単語や英語の理解が出来なくなってしまう場合があります。

スムーズな会話とリズムを保つためにもまずは基本となりますストップTと呼ばれる英語での基本的なルールを覚えて下さいね。

最初はこのルールだけで覚えるというのでもKOです。

この先の破裂音のストップも同じ感覚なのですがここで一度ストップTを確実に覚えてから次に進んでも良いですね。

 

 

破裂音の語尾省略はストップTの複合版

 

ストップTでご紹介させて頂きましたTDのストップさせるというルールなのですが実はこのストップさせる音は他にもあるのです。

それを全て合わせたルールが破裂音の語尾省略となります。

T,Dの他に破裂音のP(ピー)のプッという発音とこのPの有声音のB(ビー)のブッという発音この2つもストップさせる音になります。

他にはK(ケー)のクッという音とKの有声音のG(ジー)のグッという音も同様に最後(語尾)になった時にストップさせて発音をしないというルールが今回覚えて頂く基本となります破裂音の語尾省略という英語の基本ルールになります。

分かってしまうと結構簡単なルールですよね。

 

簡単な表で確認

 

簡単な表を作りましたので参考にして基本的なルールを覚えて下さい。

 

 

アルファベット

名称

発音

単語例

発音ルール

T

ティー

トゥッ

GET

ゲッ

D

ディー

ドゥッ

GOOD

グッ

P

ピー

プッ

POP

ポッ

B

ビー

ブッ

 

 

K

ケー

クゥッ

BOOK

ブッ

G

ジー

グゥッ

BIG

ビッ

 

 

難しい単語などもご紹介

 

基本的には語尾に来る音が省略されるのですが英語の場合はリズムが大切になりますので単語でも切れる場所は切ってしまう。

省略できる所は省略してしまうというルールになっています。

具体的な例でご紹介させて頂きますと

COCKTAIL(カクテル)という単語がありますがこの単語の場合は真ん中にKがありますよね。

この場合最後はLですが真ん中のKが省略されて発音しないルールに当てはまります。

COCKTAILの場合はCOCKTAILという単語に分けることができます。

この2つの単語が一つになってCOCKTAILになっていると理解すると分かりやすいですね。

という事はCOCKKを発音しないでTAILにつなげると覚えて頂くとCOCKTAILKを発音しないルールが分かりやすいかと思います。

COCKTAIL(コックゥティル)では無くて(コゥッティル)になるのです。

クゥが途中で入ると言い難いという理由やリズムが悪いスムーズに流れないと覚えて頂いても良いですね。

止めて繋げて発音すると覚えるとよりネイティブの発音がしやすくなってカッコ良い英語の発音が出来るようになります。

更には相手の英語を聞き取る力も付きますのでこの基本的なルールを覚えて下さいね。

 

似たような英語で聞きなれている物ですとDOCTOR(ドクター)も同様ですね。

DOCTORに別れてDOCCの音を発音しないというルールを見つける事が出来ればよりネイティブな発音で発音する事が出来ます。

ドゥクッターでは無くてドゥッターですね。

相手の発音もCを発音しないのでネイティブな人にこれらの単語を発音してもらう事が出来るととても分かりやすいかと思います。

 

映画等で英語に慣れ親しんで話せるようにすると良いと英語を話す勉強方法でご紹介させて頂きましたがこの映画鑑賞にもってこいのあの食べ物もストップ音になりますね。

POPCORN(ポップコーン)もPOPCORNに分けることができますのでPOPPは発音しません。

という事で(ポップッコーン)では無くてポッコーンやパッコーンとなりますね。

 

2つの単語の両方にストップがかかる場合も勿論あります。

例えばROCKMUSIC等がそうですね。

ROCKMUSIC2つに分けることができますよね。

その両方にストップ音がありますのでKCは発音しないでロッミュウジッとなります。

ロックゥミュウジックゥでは無いですね。

英語のスペルを見た場合

 

他にはよく使う単語としてメールなど郵便を出すときなどには郵便番号が必要ですよね。

この郵便番号の英語、ZIPCODE(ジップコード)ですがこちらもZIPCODEに分けることができますのでZIPPを発音しないでジッコードになります。

ジップッコードよりもジッコードの方がネイティブな発音で聞いている人もカッコよく聞こえますよね。

このルールが分かると本当にネイティブの発音により近くなって発音する事が楽しくなりますよ。

簡単なルールですのでぜひ自分のものにして下さいね。

 

 

英文としての会話で確認

 

会話の流れでもこのルールは適用されますので簡単な例文としてもフレーズをご紹介しますね。

 

I don’t like popcorn.

(アイドントゥッライクゥポップゥコーン)では無くて

(アイドンッライッポッコーン)となります。

 

このルールが分かれば皮も当然スムーズになってカッコいい会話が可能になりますね。

では最後に語尾省略の基本的なルールに当てはまらない場合をご紹介していきますね。

 

語尾省略では無くてリエゾンする場合がある

 

破裂音の語尾省略が出来るルールに当てはまる場合は基本的には全て語尾は省略されると思って頂いて良いのですが1つだけ当てはまらないケースがあります。

と言っても省略ルールと同様に難しいルールではありませんので覚えて下さい。

省略できるルールに当てはまる場合でもその後に来る音が母音の場合は省略しないでリエゾンします。

続く音とくっついて発音すると思えて頂くと簡単ですね。

 

例えば先の例文フレーズを例にしますと

 

I don’t like

までは同じでその後に母音の発音が来る場合はリエゾンします。

 

I don’t like it.

という感じでit(イット)が来る場合はKの後の音が母音のイですのでリエゾンして(アイドンッライケッ)という感じになるのです。

ライッイットでは無いですね。

言い難いですので言いやすい方になると覚えると良いかもですね。

 

母音が続く場合のみリエゾンして他は全てストップして省略させると覚えて頂くと簡単でネイティブの発音をすぐにでも手に入れることができます。

英語にはこのような明確なルールがいくつか存在していますので一つずつ順番に覚えていきましょう。

そうする事でスムーズな英語が話せるようになりますよ。

 


 

今回は高校数学の二次関数の頂点と軸の簡単な求め方を実際の問題を元にしてご紹介していきます。

数学が苦手な人にぜひ見て欲しいい内容となります。

二次関数は求め方を理解する事が出来るととっても簡単で応用が出来る問題が多いです。

どのパターンに当てはまるのか考えてそのパターンを覚えてしまえばスラスラ解けてしまいますね。

 

実際に二次関数の頂点と軸を求めてみよう

 

実際問題を例題として前回の説明させて頂きましたパターンに当てはめて考えていきましょう。

 

問題1

 

y=(x-2)2+4

 

この問題は前回のパターンに当てはめますと

Xは2になりますね。

ということは軸はx=2

頂点は(2,4)になりますよね。

とっても簡単ですね。

 

ちなみにこの式を電卓やスマホで調べる際には

 

y=(x-2)^2+4

 

という式で調べて下さいね。

2乗という表記を使う場合は^を使います。

スマートフォンの電卓機能でもこのはありますね。

は累乗計算の記号となります。

 

アレ?私のスマホの電卓にはその記号ないよ?+-とかしかない…

という人はスマートフォンを横向きにして横に広い電卓にしてみて下さい

^やπなどの普段使う機会の少ない記号が出てくるかと思います。

知らない人も多いですので雑学として知ってる?電卓のこの機能?ってお話しても良いかもですね。

 

また、頂点と軸の答えを求める為の方法をより詳しく知りたい人は前回の記事をご確認下さい。

とはいってもとっても簡単な方法ですので式から答えのパターンを見て頂ければ理解できるかなとも思いますが合っているかの確認のためにでも良いですのでご参考にshて頂けたらなと思います。

 

問題2

 

y=2(+)2-7

 

この問題ではカッコの前に数字が付いていて面倒そうだなと思ってしまいがちなのですが同じパターンの求め方が出来る式ですので簡単ですね。

数字など見るところは同じです。


軸はx=-5ですね。

頂点は(-5、-7)ですね。

とっても簡単です。

 

見なければいけないところが分かっていると時間をかけることなく頂点と軸は求めることができます

二次関数はこのパターンが分かっていると問題を解くスピードに大きな差がうまれます。

この答えを求めるまでの時間が短くなったことで他の文章問題や苦手な問題にかける時間を多くとることができますね。

 

調べる時に式を書く場合は

 

y=2(x+5)^2-7

 

ですね。

乗算の記号^も覚えてしまいましょう。

 

問題3

 

y=-2x2+

 

アレ?カッコが無い…パターンに当てはまらない式…と思っていませんか?

実は(カッコ)が省略されているだけでカッコのある式ですので前回のパターンに当てはまる式になります。

 

省略してあるカッコを考えるのが面倒という人はこちらの考え方の方が分かりやすくて応用が聞きますのでこちらの考え方を持って下さい。

カッコの中をゼロにすると前回はお話させて頂きましたが、実はカッコの中というのは2乗する値をゼロにしたい!」という事なのです。

 

そうなるともう分りますよね。

xの2乗となっていますのでどうしたら0(ゼロ)になるのかは。

xが0ならば2乗しても0ですよね。


という事で軸はx=0

頂点は(0、1)になりますね。

 


ここまでで基本のカッコの当てはまるパターン。

カッコの前に数字のあるパターン

かっこが無いパターンとご紹介させて頂きました。


この3パターンの基本が分かればもう基本的なパターンの問題が出た場合には「二次関数の頂点と軸を求めよ」という問題は簡単ですね。

 

ではもう一度今度は分数ば出た場合の式で実際問題を解いていきましょう。

 

2次関数の頂点と軸を求める【分数問題】

 

基本的な前回のパターンの式に当てはまる問題の場合は注目するところの数字だけであとは無視してしまってもかまいません。

基本パターンとして当てはまる場合には注目する箇所以外はもう見なくても答えは出てしまいます。

という事で分数の場合だろうが小数点がある場合等々どんな場合でも基本的な答えの求め方を理解していれば簡単に頂点と軸は求められます。

 

2次関数の頂点と軸【分数】問題1

 

y=1/2(x+6)2-4

 

この場合では通常ですとカッコの前の分数の2分の1が付いているというだけで難しい問題だ…と思ってしまいがちなのですが、基本的なパターンと同じ方法で軸と頂点は求めることができます。


ということで軸はx=-6ですね。

頂点は(-6、-5)になりますね。

簡単ですよね。

 

分数があったとしても二次関数の頂点と軸を求める場合基本的な式のパターンの場合はとっても簡単です。

 

2次関数の問題頂点と軸【分数】問題2

 

y=(x-122

 

この問題を見た場合は一瞬アレ基本パターンに当てはまらないと思ってしまいがちなのですが当てはまります。

カッコの前の数字は無くても問題ありませんね。


という事で軸のx=12(二分の一)は分かりますよね。

でもカッコの後ろに数字が無い…という事で頂点が分かんないじゃん…

と思われるかもですがカッコの後ろには省略された数字がありますよね。

 

省略しない式では

 

y=(x-122+0

 

になりますね。

コレが分かれば頂点は(12、0)となりますね。

簡単ですよね。

 

ここまでの基本的なパターンの式を覚えることで2次関数での頂点と軸を求める場合とっても簡単に答えを求めることができますね。

カッコの中の値(数字)をゼロにする事が出来たら自動的に頂点と軸の値(数字)は分かってしまうのです。

 


数学が苦手と思っている人はこのパターンを覚えて超簡単に答えを求める方法を理解してより難しい問題に時間をかけられるようにすると成績アップにつながるかもしれませんね。

また、この方法で頂点と軸を求められるようになれば今まで分かり難かった問題もなぜそうなるのか?という事が理解しやすくなるかもしれません。


数学には最適解があります

その最適解を求める方法にも最適解があると思います。

実際に現状私が二次関数の頂点と軸を求める場合の最適な求め方はこの方法では無いのかなと思っています。

 

ただ、数学に限らず世の中は日々最適解についてより進歩して新しい考え方や答えがうまれています。

実際にこの記事を読んでいるあなた自身がもっと良い答えの導き方に気が付いてしまっているのかもしれません。

自分でも気が付かない内にもっと効率的で簡単な方法で脳内補正しているのかもしれません。

 

自分なりの方法で最適解を追い求めてみるのも数学の醍醐味では無いのかなとも思っています。

現在の常識的な最適解は本当は最適解ではなく数十年後にはもう一歩も二歩も先の最適解になっているのかもしれません。


そう考えても数学って楽しいですよ。

人間と同じで成長はここまでという決まりはないのです


自分で限界を決めないで更なる高み更なる最適解を目指してみるのも悪く無いですね。

 

その為には現状の最適解を全て理解する必要はあるかなと思います。

コレはもしかしたらと思う最適解を見つけたとしても実際には既にその先の最適解があるなんて事にもなりかねません。

ということは勉強しなければいけませんね。

 

楽しく勉強できるように自分なりに工夫をして見方を変える方法や答えを求める方法等々自分なりの楽しみ方を見つけて楽しく勉強して下さいね。

 

 

 

このページのトップヘ